車窓からの景色が素晴らしい!広大な塩田

自分のブログには絶景というタイトルや言葉が多いです。

絶景という言葉の通り、タイは絶景のポイントが非常に多いんです。
ホアヒンへ向かう途中の35号線を車で走っていると沿道ではに白い土嚢のように積み上げられて売られている物があって目につきます。

当初は何を売っているのかわからなかったのですが奥さんに聞くと塩を売っているとのこと。

そうなんです。サムットソンクラーム県は塩田で有名なエリアです。
乾季の12月から3月の間に塩作りをします。
何もない広大で綺麗に整地されたエリアの敷地内にもちらほら白いものが見えます。車の窓を開けると潮の香りがします。

能登半島でみた桶から塩水を撒いて乾燥させマニュアルで作る塩田とは全く違うタイプのものでした。バンコクから車で1時間強くらいのところにあります。我々は自炊はせず、全て外食なので塩は購入してないのですが、車で来て大量に購入していくようです。塩の価格は20とか30バーツ/キロくらいです。

塩好きな人は行ってみるといいかもしれません。
数キロ毎にビューポイントになっていて見晴らしは良いです。

次回行った時は塩の小山になったものと製造工程を見学する予定です。塩の小山はタイミングが悪くまだ一度も見たことがありません。

下記地図は当たりです。この当たりに行けばたくさん塩をうる店と塩田が見れます。