閑静な住宅街の中に佇む RATT cafe ラップラオ バンコク

サラブリー県にあるSanti ロースターさんのコーヒー豆を使用しているということで寄ってみました。

家から車で10分の距離です。MRT Phahon Yothin駅からも歩いてすぐのようです。閑静な住宅街の中にありました。このカフェの横には高級車が数台停まっていました。

中に入ってみると意外に広いです。

お客さんはみんなラップトップを持ち込んで仕事をしていました。

カウンターに置いてあるコーヒーはSanti さんの豆でした。カフェの人のオススメのニューイヤーブレンドをホットでオーダーしてみました。飲んでみると飲みやすい温度でした。フランチャイズ店のように熱すぎず、完全に温度管理している印象です。そして複雑な味わいで美味しいです。

コーヒーの入っている器はセラドン焼きでした。コーヒーが冷めないように厚めのものを使用しているのかもしれません。湯呑みのようで日本っぽいです。

アーモンドクロワッサンもオーダー。これも美味しいです。

外人も来て仕事をしていたので、そういうエリアなのでしょうか?

コーヒー専門誌も置いてあって中を見ると、新しいコーヒーショップの記事が書かれていました。自分が訪れたことのあるコーヒー店も掲載されていました。皆さん、ここから情報を得ているのかあと妙に納得でした。

記事を読むと南部の方でもゴム農園の中にコーヒーの木を植えてコーヒー豆を作っているようなので、そのうちタイ南部のコーヒー豆のブランドも出てくるかもしれません。

帰り際に日本語で挨拶されました。お客さんの心をつかむのが上手です。店員さんは気さくな感じだったので再訪したいです。