ガイヤーンの後に温泉、温泉の後にガイヤーン、バーンクルー温泉

ペチャブーンで有名な温泉といえばここです。バーンクルー温泉。(น้ำแร่ น้ำพุร้อนบ้านครู เพชรบูรณ์)
ガイヤーンを食べて温泉、または温泉に入ってからガイヤーン。どちらにするか悩みましたがどちらでもいいんです。
結局、我々はガイヤーンを食べてから温泉でした。

源泉が湧き出ています。

実はオーナーとお話をする機会があったので温泉や部屋を案内してもらいました。

バーン=家 クルー=先生

彼の前職は先生です。先生の家の温泉ということになるのでしょうか。
住んでいた家の中と敷地の温度が他よりも高くて原因を調べたら温泉があることがわかり掘ったらお湯が出てきたとのことです。
小さい浴槽からツアー用に10人〜20人くらい入れるものまで色々な種類の浴槽を作っていました。

どうやったら家族づれの観光客がもっと温泉に来てもらえるのかマーケティングの話になりました。タイ人はSNSが大好きなので、とりあえずLINEやFBのSNSマーケティングをオススメしておきました。

源泉はかなり熱いです。水も透明で綺麗です。
カオコーが寒すぎたので、この温泉は我々にとって本当によかったです。