混む前にBIG Cへ買い出し バンコク

タイも連休に入りバンコクから田舎に帰る人で道路は渋滞というニュースを見かけました。

そのニュースの翌日にはバンコクに入れなくなるという話になって田舎に帰った人たちがとんぼ返りのようです。確かにバンコクから地方に行くと罰金を取られたりして、もぐら叩きみたいになってきています。今のところはまだバンコク内で動かずにじっとしておいた方が良いようです。

一方、フィリピンでは街を出ようとした市民がアーミーに撃ち殺される映像がTwitterで拡散されていました。見せしめですね。タイは命の危険はないのでまだまだ穏やかです。

パイロット111も明日からオープンしますと釣り堀のスタッフから直接メッセージが届いたのですが、チェチェンサオ県では、まだオープンは許可されていないようです。オープンするのでしょうか?様子見です。

デパートは明日からオープンするということです。デパート前のお店はオープンの準備で忙しそうです。

我々はオープン前日に食料を買い出しに行きました。退屈した人たちが街に出て間違いなく混雑することでしょう。

買い物していて気になったものを挙げていきます。生々しいものも含まれています。

トムヤム1人分の材料

日本のスーパーではカレー用のニンジン、ジャガイモ、玉ねぎのセットが売ってますが、ここバンコクでもトムヤムスープ用に同じようなものが売っています。材料が載ってるトレーはバナナの茎のようです。

これにエビや鶏肉を入れたりします。

カエルのパック

タイ人は普通にカエルを食べるのでしょうか?カエルのパックはスーパーで初めて見かけました。

グロテスクです。でも目をそらせません。トムヤムに入れるようです。シンガポールでも生きたカエルを販売してたりします。

エビ

死んだエビを見てもグロテスクに感じないのはなぜなのでしょうか?見慣れているから?

海水で育ったエビと淡水で育ったエビが売っています。

海水で育ったエビをトムヤムクンスープに使うとしょっぱくなったりします。なので自分はいつも淡水のエビを購入します。

肉の数々

基本的にショーケースに入っているのを頼みます。

外に出ているのものは写真の被写体にすると生々しくて面白いです。

帰りの地下鉄駅

これはミュージアムパス。299バーツで1年有効。タイ全土で利用できるようです。

MRTではSuicaのようなカードを利用します。カードにタップした金額を調べる機械です。