タイの北欧風コンテナハウス工場見学 バンコク

コンテナハウスの見学に行ってみました。ランシットの方にモデルハウスがあります。車で走っていると道路沿いにありました。想像していたよりも綺麗です。

コンテナの中に入るとオーナーさん自らテレビのモニターで写真のプレゼンをしてくれます。

そして実際に工場に連れて行ってもらって見学させてもらいました。
断熱材は良いの使っているようでした。ホームセンターで販売しているペラペラのではなかったです。床も強化プラスチックで木は使ってないから虫の心配はなさそうでした。

ネジはかなり心配だったのですがパーツごと取り替え可能でした。屋根の雨漏りはなさそうです。雨漏り防止にシリコンではなくて高いポリマー使っていました。 

工場で組立てるのに45日かかります。出来たらトレーラーに積んで運びます。1キロ50バーツです。距離が600キロあると30,000THBです。

現地で設置する時に水回りの工事は別料金です。コンテナハウスの内部が壊れたり問題があった場合は1年間の無料保証が付いています。と、疑問点を色々と質問できて面白かったです。よくタイのリゾートにあるような建物でした。

ただ、耐久性がどれくらいなのかが全くわかりません 。。そして当然なのですが拡張性は全然ないです。


チャイナートのユニットハウス

もう一軒はチャイナートでコンクリートのユニットを使った組み立てハウスを見学に行きました。

このコンクリートのユニットハウスのオーナーさんはシンガポールでエンジニアをしていて、現在は入国出来なくてタイで待機中のようです。

こちらの断熱材はコンクリートにサンドイッチのように挟まれて埋め込まれていました。水回りの工事も全部込みと説明していました。トレーラーでハウスを運ぶ価格は1キロ70バーツでした。コンクリートの分が重くて値段が上がるんだと思います。

完全に家が完成していないので品質がどの程度なのか確認できませんでした。来月に再度行ってみて確認する予定です。

個人的には観光地を周るよりも、はるかにおもしろかったです。まだまだ色々と訪問リストはあるので、2月中に出来るだけ業者を周ってみるつもりです。