長蛇の列 ビザ延長手続き バンコク

3月12日の夜10時くらいだったと思います。フィリピンのドゥテルテ 大統領がコロナ患者の増加を抑えるためにマニラを封鎖するとスピーチがテレビで流れました。

マニラから地方へ行く飛行機、船などの運行を取りやめ、IDがないと地方からマニラにも入れないとのことなのでフィリピンを出ることにしました。あちこち行けないなら1ヶ月丸々時間を無駄にします。

コロナ患者が増加したら制限がさらに厳しくなるんじゃないかと思い大統領スピーチから10分後、バンコクまでの片道切符を速攻で購入。先週もタイに滞在して1度フィリピンに戻り今週もタイ。何か不思議な感じです。

自分が出国後、フィリピンは原則外出禁止になってしまいました(3/20時点)。で、バンコクもフィリピンのように封鎖されるかと思い急いでビザ延長に来ました。まあ、そんなことはどうでもいいです。

朝8時半にイミグレーションに着くと長蛇の列。同じように考えている人がいっぱいいるのでしょう。地下一階にパスポートとイミグレーションのスタンプをコピーしに行きました。
T30の用紙は相方にダウンロードしてもらい、前日に夕食を食べながら記載。書類とパスポートを提出する順番の紙をもらって待つだけです。

待合室はあまりにも人が多く、ここで待つのも無駄なのでバーコードを読んでウェブサイト経由で自分の順番を待つことにしました。

最近タイではこういうシステムが多いです。病院ではアプリ経由で待ち番号を提供しているみたいです。
待っている間に朝食食べたりコーヒー飲んだり、あちこちウロウロします。

自分の順番が来て書類を提出、同時に1,900バーツを支払えば完了。

あとはパスポートを受け取るだけです。

この中で待つのは自殺行為に等しいですね。

バンコクはどうなるのでしょうか?今のところ最長で2ヶ月間は滞在できるので、そのままタイに滞在する予定です。さらにコロナの状況が悪化してもうひと月延長でしょうか。このまましばらくタイに居てもいい感じです。