願い事を成就させることで有名なローカルのお寺を訪問後、90年前の家をリノベーションしたカフェでタイの伝統菓子をいただく バンコク

ワットスタラム (Wat Suttaram)
1868年に村人が共同で建立したお寺です。最近インスタグラムを見ていると頻繁にこのヤックの写真が流れてきます。 願い事を成就させることで有名なお寺のようです。

早速訪問してみました。巨大ヤックの足元にミニヤックが設置されています。そのミニヤックの足元にスマートフォンを9回くぐらせて願い事をするようです。みなさん間違いなく9回まわしていました。中国ではラッキーナンバーは8ですが、タイでのラッキーナンバーは9だから9回まわすようです。

タイの仙人が飾られています。凄い数です。

たーれっくさんのTwitterを見ていると線香に火を入れて灰になった後に数字が浮き出る写真が投稿されていたので試しに自分もやってみました。

灰に浮き上がった番号の宝くじを購入すると当たると言われているようです。よく見ると灰の中のあちこちに番号入りのお線香が見え隠れします。
でも、よくよく考えると、物凄い数のお線香に番号が記載されているので誰かは必ず当たるんだろうなあと。。日本では見たことがないのでこういうのが知れて良かったです。

爆竹も鳴らされています。かなりの轟音です。煙でもうもうとしています。

บ้านคุณย่า – Grandmom’s House BKK
まいばるさんのYouTubeを見て行ってみたくてマップに保存していたお店です。

お寺から意外に近いです。 90年前のおばあちゃんの家をリノベーションしてカフェにしたと話されていました。前日訪問したバンコクキアンミュージアムそっくりの家でした。100年位前なので家の作りも似ているのだろうと思います。

カノムジンと揚げたライスにピーナッツ?のタレをかけて食べます。 どちらも美味いです。

さらに看板商品とオススメされたお菓子も注文。 カオトックタング(Khao Tok Tang)というお菓子です。タイの伝統菓子です。お菓子のまわりの白い粉はライスをポップコーンのようにしたポップライスとココナッツパウダーです。作り方が難しいお菓子のようです。この手のお菓子は初めてでした。

そして香り付けをするためのキャンドルが入っていました。 作り方はこんな感じです。かなり珍しいです。 蜜蝋、フランキンセンス、サンダルウッド、アロエベラ、エッセンシャルオイルなど、さまざまな香りが入っているようです。こういうローカル菓子に出会うと色々学べるので得した気分になります。また訪問すると思います。