店にきたことは忘れるが、あるメニューを見て思い出す不思議なレストラン

チェンマイに来ると必ず立ち寄るレストランがあります。

Huen Muan Jai フアンムアンジャイです。

オーデップムアン/ออเดิฟเมือง

色々な小皿が一つの皿にまとまり、

野菜をそれぞれの皿に浸したりつけたりして様々な味を楽しむことができます。
ランナースタイルの前菜ですね。カントークと言います。奥さんはアロイからと必ずこれを毎回頼みます。

毎年、不思議なことに、この店のことはすっかり忘れてしまいます。
このメニューが運ばれて来るのを見て、ああ、そういえばここ来たなあと思い出します。
それくらいこのメニューはこの店では有名です。ソーセージも付いてたりするのでビール飲みながら食べると良いです。

ラープ/ ลาบ

これとは別に今年はランナースタイルのラープを頼んでみました。

本場イーサンのラープとは違う味です。
が、これも美味かったです。ただ辛いです。

これにもち米(カオニヤオ)をつけて軽い軽食にしてロイクラトン祭りを見に行きます。
チェンマイのレストランの中では、かなり美味しいのでオススメです。

皆さんもぜひお試しあれ!

 

車で来ても簡単に停められるので頻繁に来ます。ただ、いつも17時くらいに行きます。
夕方遅くからは、かなり混むようです。チェンマイは道が狭く、渋滞で時間が取られるのが嫌なので、
もちろん我々はそんな時間には絶対に行かないです。