伊賀流水菓 抹茶みるくとうふ

伊賀流の意味がよくわからなかったのですが、この地方は魚介類が少なく、豆腐作りが盛んだったようです。

あっさり食べやすいミルクとうふでした。抹茶とミルクと葛で合わせたお菓子です。
適度な弾力があるなあと思って原材料を確認してみると葛が入っていました。なるほど、確かに葛の食感だと思いました。

製造元を見ると桔梗屋織居です。ここのウェブサイトに行くと美味しそうなお菓子がたくさんあります。今度京都に行った時によってみる予定です。