圧倒される美しさ!ジャティルウィライステラス

思わず2度見するカカシ。

ドライバーにドローンで遊びたいから棚田に案内して欲しいとリクエストをしてはみたのですが、まさか世界文化遺産の棚田に訪れる予定だったとは思っていませんでした。これは嬉しいサプライズでした。そして、ここの棚田は初めて訪れました。

美しい!

ドローンで上から見ると本当に美しい。
我々は見学しているだけですが棚田を手作業でここまで広げて作った人達の労力は計り知れないです。

水の管理は水源が上にあってそれを上流の村が独占というのではなくスバックという組織が1000年も前から一旦貯めた水を均等に分配するシステムを構築して棚田の水を維持し続けています。

スバック博物館なるものもあるようです。
この組織は田んぼの計測、水量の調整、稲を植える時期を適切に管理しています。

例えが安っぽいですが、”美は努力、美しさは1日では手に入らないです。”とモデルが言っていたのをスポーツ新聞か何かで見かけた気がしたのですが棚田もそうだなあと。