お茶のかんばやしの玉露と煎茶 宇治茶

宇治のお茶を管理していた上林は宇治茶の代名詞ですが、漢字の上林春松とひらがなのお茶のかんばやしともう一つ上林三入のお店があります。色々あるようですがここでは触れず我々は平仮名のかんばやしのお茶屋に入りました。

とりあえず煎茶と玉露セットを頼みます。

一煎目は70度のお湯を入れて20秒でカップにお茶を注ぎます。他のお茶の入れ方とは全く異なります。通常1分です。ここのお茶は20秒で出るそうです。

二煎目は、葉がすでに開いているので70度のお湯を注ぎ、20秒も待たずにすぐにお茶を注ぎます。

三煎目までは上記のように入れ、四煎目から六煎目はポットから直接注ぎ入れます。

流石に最後は苦くなりますが、煎茶にも関わらず玉露のような旨味が楽しめます。

玉露も同じように旨味があり、煎茶よりも苦さがありません。

駅の観光案内のおばさんからブレンド技術がそれぞれのお茶屋で違うので色々な味が楽しめると聞いていたのですが、これは不意打ちな感じでした。
今まで飲んだお茶屋の茶葉とは違いかなりハイレベルでした。お茶問屋は茶葉を磨くと言う言葉が身に染みました。

お茶と共に出された和菓子はゆらくさんの古都の舞です。まわりの餡が程よく口の中で舞い、それと共にこしあんが程よく溶けて絡まります。