玉露と煎茶のいいとこ取り かぶせ茶 和束町

かぶせ茶は覆いをかけて日光を遮光して旨みを出す方法で作られたお茶です。

昼夜の寒暖の差が激しく、発生する霧が独特の旨味と香りを生み出します。そんな霧を吸った本場の和束でできたかぶせ茶。飲んでみないわけにはいきません。
800年の茶作りの歴史を持つ高級茶の産地でできたお茶です。

そして和束は宇治茶の茶葉の約半分を生産しています。

玉露のように被覆するのですが、玉露より時間が短いのが特徴です。そして玉露の旨味と煎茶の渋みを併せ持つ玉露と煎茶のいいとこ取りをしたお茶です。

少し熱めのお湯を入れても旨味が出るハイブリッドなお茶です。