6月の和菓子、水無月 老松 京都

京都発祥のお菓子です。6月になるとあちこちで水無月が出てきます。
モチモチの白いういろうの上に小豆が乗っています。

三角形に切り分けたのは、暑気払いのために氷を切り分けた時の氷の角を表していると言われています。

室町時代に庶民は氷を食べることはできなかったので、その代わりに氷に似たお菓子を食べるという風習になったとのことです。

水無月祭りです。購入した水無月は京都 老松さんのです。