和束のお茶農家のお茶を集めてブレンド 和束茶

和束茶カフェで購入しました。和束は宇治茶のお茶の半分を生産しています。京都から宇治方面へ1時間半。山エリアにあります。京都なのですが奈良じゃないのかと錯覚します。多分、お茶に興味がないとあまり知られていないエリアだと思います。江戸時代は皇室領で京都御所に納められていました。

お茶の補充に来ていたおじさんに話しかけられて話すうちに色々と裏話を伺いました。
どうも製茶をされている方だったようです。
販売元を調べるとこの人でした。
話の内容が業界に詳しくて普通ではないなあと思っていたのですが作って補充していたのがこの人ならば納得です。

何か変わったお茶ないですかね? ということでおすすめ頂いたお茶です。

このエリアのお茶を集めてブレンドしたものです。農家が今年の出来をみんなで集まって味見して勉強するために作ったお茶とのことです。品評会のお茶というのはそういう意味です。数は少なくそんなにないということで購入しました。
作った本人しかわからないです。このお茶が勉強会用に作ったなんて。
飲むと渋みとこのお茶のくせを感じます。


産地:京都府相楽郡和束
価格:80g 1,080円
特徴:マイルドで渋みが強し
販売:上嶋爽禄園