大規模な稲の育苗施設、ナーヒアチャイ スパンブリ タイ

バンコクから車で2時間のところにある稲の育苗施設です。ドローンを飛ばしている人の写真を見かけたので訪問してみました。上空から見ると抹茶パウダーがふりかけられた生チョコのようです。

この日は自分以外にもドローンを飛ばしている人がいました。

目の前には凄い数の稲の苗床です。機械を使って大規模に育苗をしています。最近販売されている様々な種類の米の苗がここの施設でも育てられているようです。品種のパネルが貼ってありました。

この大型の水まきしている機械は台湾から輸入したようです。日本では見たことないです。

カフェでコーヒーを頼みつつドローンを上げていいか確認をとりました。ここの施設は上げても大丈夫でした。

観光用の庭も手入れが行き届いています。

場所によって景観が変わるので中を散歩してても飽きないです。

このお庭は丁寧に作り込まれていてかなり好みでした。

本当の農民の家はこんなに綺麗な感じではないと思いますがこれはこれで面白いです。

タイの農民の家や器具が飾られているようです。苗床や庭に時間を割いたので他は丁寧に見なかったのですが農業に関することが学べる場所のようです。

水牛の頭部の骨が飾られています。骸骨が飾られている下に生きている水牛。内装がなんだかシュールです。まあ、水牛なんでどうでも良いですね。

この施設の中にあるお店にはアバイブーべの商品も取り寄せ販売されています。さらにワットポーのマッサージオイルまで売られています。青い蓋をあけて匂いを嗅ぐとワットポーのマッサージ店の香りが漂います。