ダバオ産のカカオを使用 発酵酒のような味 マラゴスチョコレート フィリピン

フィリピンのダバオ産のカカオを使用したビーントゥバーチョコレートです。

2013年からチョコレートを作りはじめ国際的な賞を受賞して一躍有名になったブランドです。

裏を読むとこのチョコレートの原料はトリニタリオ種(Trinitario)と書かれています。

調べてみるとカカオの種類は3つに分類されます。クリオロ種、フォラステロ種、トリニタリオ種です。トリニタリオ種はクリオロ種とフォラステロ種を交配。カリブ海のトリニダード島で生まれたとあります。ハイブリッド種で栽培しやすいようです。東南アジアではフォラステロ(FORASTERO)の栽培が多くベトナムは育てやすいトリニタリオ種を栽培などなど。タイではどの種類の苗なんでしょうか。調べて購入してみようと思います。

食べるとカカオの酸味とアルコールのようなコクがあってとてもおいしいです。発酵酒のようなそんな深みです。このようなチョコレートは今まで食べたことがありませんでした。かなり好きな味です。

たぶんダバオで購入してお土産としていただいたので欠けていたりするけど味はそういうのと関係なく美味しいです。ダバオのバギオに工場があるようなので今度訪問したいです。