タイ バンコクで様々な品種のマンゴーを試す

Jinhuang
Jinhuangという台湾マンゴーを試してみました。皮がまだ固かったのですが、甘くて匂いも良いです。初めて食べた時はあまりパッとしなかったのですが、美味しいのを食べて印象が変わりました。

ナムドックマイとどちらがいいかと言われるとどちらもと答えるでしょう。

R2E2
R2E2 マンゴーです。ソフトボールより大きいです。キロ175バーツです。ナムドックマイはキロ100バーツなので少々高いです。Jinhuang 2個分の値段です。こちらはオーストリアが原産のようです。あまり甘くないのですが上品な味でした。Jinghuangとどちらを選ぶか?と言われればJinghuangです。

選ぶ基準は、
-甘い香りのするもの
-触ると少し柔らかい
-全体的に色が良い

という感じなので外人は凄いです。触って匂いを確認して買い占めていきます。ロシア系が2,700バーツ購入してJinhuangのカゴを空にしました。

買い占めるのには理由があるのだろうと我々はナムドックマイのカゴから混ざっていたJinhuang を見つけて購入しました。美味しかったです。