喉が痛く熱っぽい時に購入する薬 フィリピン

とりあえず風邪の初期症状なので下記を購入してみました。
東南アジアに来ると外の暑さと中の冷房の寒さに体がついていかず、扁桃腺が必ず腫れます。

Bioflu
少し熱っぽいのでMercury薬局に立ち寄りました。微熱や鼻水に効くということなので購入。
パラセタモールが入っているのでタイレノールと同じですね。解熱鎮痛効果のための成分です。
あとは喉の炎症を抑える成分が入っています。

2錠飲んで寝て起きると物凄くだるくて眠いです。フィリピンに来ていつも思うのは市販の薬は日本の薬の数倍きついです。フィリピンの薬を飲んで日本に戻ると日本で処方される薬が弱くて効かないです。しょうがないのでこちらで薬を多めに購入して帰国します。

Hexetidine Bactidol
店頭にまとめて置いてあったので試しに購入。

うがい薬です。ピンク色の液体です。歯磨き粉もそうですが口に入れる物にどぎつい色の物が多いです。水で薄めてうがいをしてみました。効いているのかどうか怪しいのですが結構辛いです。

Strepsils (ストレプシル)
薬用キャンディです。
タイで製造されているようです。日本ではこの手の飴は見ないですね。薬事法に引っかかるのでしょうか?というより日本の薬事法が他国より厳しすぎるんでしょうか。

海外で喉が痛くなると、とりあえずExtra Strongを購入して舐めています。他にも赤やオレンジ色の飴があるのですが、味が弱い印象です。
Extra Strongは辛いのも相まって心なしか喉の痛みがやわらぐ気がします。

Dichlorobenzyl Alchole (ジクロロベンジルアルコール)Amylmetacresol (アミルメタクレゾール)と書いてあるのですが消毒、殺菌するもののようです。
この手の薬用キャンディは日本でも気軽に購入できるようにしてほしいです。タイはコンビニで購入できます。