贅沢な広さと空間 コンテンポラリーアートミュージアム バンコク

チャトチャックマーケットから少し距離があるのでタクシーで訪れてみました。。

2012年にオープンしたようです

1番気に入った作品はタイの伝統マスクでした。

細部まで作り込まれています。形も綺麗です。。

マスクにかなり魅せられました。

どれも美しいです。

これを見ると日本の能面もかなり斬新ではないかと思います。日本の良さを再認識しました。

その他の作品は現代のトレンドから外れている感じでした。

1960年代の作品を見ているようで昨年トリエンナーレで見た斬新な作品と比べると内容は見劣りしました。

ただ、建物と展示空間はかなり広く贅沢な作りです。

インスタ映えしそうな感じです。

一眼レフのカメラを持った若者が大勢訪れていました。

この時期に250バーツを払って美術館に来る若者はかなりハイソな人達だと思います。

持っているカメラもミラーレスの割と高めのでした。