力技のライトアップショー Na Satta Cultural Center ラチャブリー タイ

場所がラチャブリーで行こうかどうしようか本当に迷ったのですが、カンチャナブリのカフェをウロウロしていたら時間が18時近くだったのでとりあえず行ってみました。カンチャナブリからは1時間です。

Na Satta Cultural Centerのライトアップショーです。ここはタイで有名な偉人の蝋人形も飾られています。なぜかホーチミン国家主席までありました。

話を戻して、アユタヤやチャンマイのコムローイ祭りのように綺麗かな?と半信半疑だったのですが、そこそこのレベルでした。ただ、洗練された感じではなく力技のライトアップという感じでした。

電飾をこれでもかと設置して量で勝負している感じです。なので、企画した人に申し訳ないのですが途中で飽きます。

写真で見るとチームラボみたいだけど、実際は全然違いました。

ライトの点滅がもう少し複雑にプログラムされていたら、もっと面白かったでしょう。

この展示で個人的に面白いなあと思ったのは仏陀が入っている建物のプロジェクトマッピングでした。仏陀や壁面に3Dアニメーションの歴史映像を投影させて流していました。戦争シーンも迫力があります。二条城で建物や石垣に投影された映像は見たことあるのですが仏陀に投影されているのは初めてでした。

日本でやればかなり良いクオリティのものが出せそうなのですが、色々規定があったりしてできないのかもしれません。プログラマーを入れて、さらに映像を深堀するともっと凄くなるんじゃないかなと思わせました。