初めてでも必ず釣れる!ニューブンサムラン

移転したニューブンサムランに行きました。料金はこちらです。

24時間営業ですが、昼と夜に分けて12時間の料金になっていますね。
全て込みのパッケージだと6,000バーツ/12時間です。
レンタカー、ご飯、釣りで8,000~9,000バーツくらいでしょうか?

決して安くはないけど、手ぶらで行って手軽に釣りをするのにはとてもいいですね。
初めてでも、ガイドが付くので心配する必要はないです。竿や糸、餌の準備、餌まで投げ込んでセットしてくれます。魚がかかったらリールで糸を巻くだけ。魚のキャッチまでガイドがやってくれます。

バンガローのレンタルもできます。もちろんバンガローで釣りをする方が冷房も効いた中で昼寝も出来ますしプライバシーも保てて快適です。行き方なのですが、我々は空港からレンタカーを借りブンサムランの近くのアパートに泊まりました。

レンタカーはオンラインで予約します。タイ人価格と外人価格でかなり差があったりします。
時々タイ語でプロモをやっています。そういう時はプロモコードを探してきて入れます。
あとは、タクシーチャーター、Grabを利用でしょうか。


友人が早朝からコテージを借りて釣りをしているとのことなのでランチを食べに行きました。
顔見せがてらランチ食べに寄っただけなので今回はコストはゼロです。

誰のだったのか忘れたのですが、ブンサムランに卸している魚はパンで育てられている映像をみました。
ブンサムランに魚を卸しているオーナーのところに直接、魚の買い付けに行った友人のビデオだったかもしれないです。

育った主食がパンなので餌もパンなのでしょう。

できて4ヶ月くらいの時に行ったので、まだ綺麗です。竿はかなり短かったです。小学生の身長くらいしかなかったです。ショックリーダーも100号とか言ってた気がします。Pilotのバラマンディーに使っているのが50号なのでそんなものなのかもしれないです。


小型ソナーです。


アプリで魚群探知機のように見ることが出来ます。結構なお値段です。


バンガローの中はテレビ、ベッド、冷蔵庫、ソファー、シャワーなどが一通りあり、泊まりも可能なスペックになっていました。かなり快適です。


レストランもあり、ランチだけ、または泊まりとご飯だけでも快適に過ごせます。
週末に浮気相手と泊りがけに来ている人もいるということですが、確かにそういうのも満更でもない感じです。

テーパーとパーカーホーがいっぱい釣れます。
我々はランチを食べて、音楽を聴いて、ビール飲んでダラダラしていました。
まさに怠けに来るための釣り堀です。売店ではアルコール類やおつまみも充実していました。

反対側はコテージではない通路のような場所での釣りです。日差しが強くて暑いので体力勝負になります。
仲間で来てコテージを借りて快適に釣りをできますが、一人で来て日差しと戦いながら釣りすることも可能です。


スターアライアンス系のビジネスクラスとLCCのエコノミークラスぐらいの差はありますが、どちらでも楽しめます。
タイの湖で釣るよりもはるかに快適です。

敷地は広いのでスタッフは自転車かバイクで移動します。合理的ですね。