季節限定 縁起物の大福茶(おおぶくちゃ) 一保堂 

京都の本店でお茶のレクチャーに参加した時に冬になると大福茶が販売されるので
購入してみてくださいとオススメされました。

ウェブを調べてみると販売期間は11月15日~1月15日でした。

旧年の邪気を払い、新年を祝福するためのお茶です。
大福茶(おおぶくちゃ)という商品名ですが玄米茶です。

京都では元旦に頂くものらしいですが、販売されていたので早速。

袋を開けると香ばしい匂いがします。白いのはポップコーンのように弾けた玄米です。
大さじ2杯の茶葉に100度のお湯で30秒です。
温度に気を使わずにお湯が沸きたったらすぐ注げるのでお手軽です。

いつも飲んでいるお茶とは違います。


産地:
価格:100g 540円
特徴:玄米の香りが香ばしい 茶葉はほんのり苦味
販売:一保堂茶舗

玄米茶は抹茶のようなパウダーを混ぜた商品が多いのですが、一保堂さんは、極上玄米茶よりも上等な茶葉を使っているとのことです。さすが300年の歴史がある老舗です。茶葉の風味とにがみ、玄米の香ばしさが新鮮な感じです。
元旦ではなく11月に飲んでも気分は新年になること間違いなしです。

東京丸の内店は京都の本店とは違う高級感が漂っていました。東京だからでしょうか。