博物館のようなアンティークショップ PAPAYA Design Furniture & Studio

家から車で10分の距離なので立ち寄ってみました。お店は開いてないのかと思ったのですが開いていました。

入店してみると凄い量の椅子や家具があります。商品は数百万店あるようです。4階まであります。まるで迷路のようです。

店内は写真撮り放題です。撮った写真を店員に見せて価格を問い合わせるようです。あとはSNS好きな人が多いので拡散した方がマーケティング的にも良いでしょう。

ジムトンプソンやサイアムホテル、コーヒーショップも彼らのお客さんのようです。

確かにアンティーク調の内装が施されているコーヒーショップに置かれているアンティーク家具はここから購入された物なのかもしれません。これだけまとまった品数のアンティークはタイではここだけでしょう。

写真を撮っているとそのボリュームと密度に圧倒されます。映画の小道具が置かれている倉庫のような錯覚にもなります。

きっと物凄い価格の家具も眠っているんだろうと思います。

3ヶ月毎にヨーロッパに買付に行くと彼らのウェブサイトには書かれています。

東南アジアと日本を行ったり来たりして必要最低限の状態だけを好んでいるのでアンティーク家具を購入する予定はないのですが、それでもこれは1度は見ておいた方がいいだろうと思えるようなショップでした。

オーナーとスタッフさんのアンティークに対するただならぬ思いを感じました。