パッタイ美味し Patomのオーガニック市場とカフェ サームプラーン タイ

Suan Sampran(ナコンパトム)の方のカフェに訪れてみました。

このエリアは色々面白いものがいっぱいあって好きなエリアです。

1962年から30ライの土地を買収して開発をはじめたようです。

オーガニックマーケットは10年前からはじめたとのことです。

冷蔵庫の中の商品は全て美味しそうでした。

50年以上前から構想されて作られているものです。

確かに作り込みがすごかったです。

カフェはタイ人デザイナーが設計したようです。

ガラスはマジックミラーで外から中は見えません。

斬新な建物の周りにレモングラスが植わっていてモダンです。

お庭も綺麗に手入れされています。

オーガニック製品は普通のよりも手間暇かかってていて価格が高いのと違いが普通の同じ商品と比べて全くわからないのでコスパが悪いと思って遠ざけていました。何が違うんだろうか?と。

正直、どの刺身を食べ比べても味の違いがわからないのと同じようにオーガニックの違いがわからず理解できませんでした。

オーガニックと商品に付けるだけで高めに売れる魔法がかかるんじゃないかという印象でした。少なくとも日本のオーガニックのイメージはそんな感じでした。

しかしこのオーガニックマーケットで注文したパッタイを食べてみてビックリ。全然味が違いました。

パッタイに使われているライスヌードルも自家製の細麺でした。もちろん素材はオーガニックです。これで120バーツだと安すぎるくらいです。

ココナッツミルクプリンも器のココナッツの白い実を削って食べたりできて美味いです。すっかりPatomのオーガニック市場が好きになりました。

ショップやカフェも洗練されています。

オーガニック製品の数々です。

この敷地内ではワークショップもやっていてマッサージオイルや石鹸を作るコース、タイの伝統的なお菓子を作るコースや染め物コースもあります。20分くらいで100バーツです。

田んぼもあるので田植えのワークショップもやっているのかもしれません。

海外から友人がタイに来た時にこういうところに泊まりに来てもいいかもしれません。

Thong Lo (トンロー)にも一軒家のオーガニックカフェがあるようなのですが、まだ行ったことがありません。これを機に苦手なトンローにも訪れてみようかなと。