一度飲んだチェンライ のコーヒーの味が忘れられず同じ豆を購入しに再訪 Plantation cafe x roastery バンコク タイ

コーヒー豆が切れたのでPlantation cafe x roasteryまでコーヒー豆を買いに行きました。ワークフロムホームが終わって17時に部屋を出て車で移動しました。

流石に17時は混んでいました。久しぶりに渋滞にガッツリはまりました。迂闊でした。。まあ、でも家から近いので30分以内にはカフェに到着。

以前、このカフェで飲んだ時に美味しいと思ったBAAN ROM YENの豆を迷わず購入。

サンプルのコーヒー豆の瓶を開けて匂いをかいでみました。粉から香る発酵した匂いが凄く良いです。アルコール、またはウィスキーのような複雑な芳香です。良い意味で酔いそうな匂いです。

この豆はチェンライ産の豆です。タイ国産の豆も海外産に負けていません。そしてプロセスはナチュラルです。ローズ/ダークチェリー/プラム/カカオの味がするとパッケージには表記されています。150g / 300バーツ。

実際挽いた豆でコーヒーを飲んでみたのですが、個人的に感じた味はカカオの発酵した感じ、またはダークチェリーです。

フレンチプレスでコーヒーを煎れているので若干、濃い印象です。ですが、かなり美味いです。ドリップで煎れると、もっと味が軽くなるのでしょう。しばらくはこのコーヒー豆で生活が楽しくなりそうです。購入はこちらから。