プラナカン陶器の窯元 シンガポール

良い陶器があれば購入したいなと思いプラナカン陶器の窯元を訪れてみました。BoonlayまでMRTで行きタクシーで窯元まですぐです。

昨日見た、シンガポール美術館のプラナカン陶器と違い販売されている商品は、絵付けの品質が今1つな感じでした。

絵付けの雰囲気はプラナカンなのですが、購入まで至らない感じです。

商品棚にはタイや中国の陶器がいっぱい飾ってありました。

プラナカン陶器は本格的に焼いているわけではないようです。むしろ陶芸教室に力を入れているようでした。コストから言うとシンガポールで焼くより中国で焼いた方が安いです。
もしかしたら数年後は無くなっているかもしれません。