ミシュラン1つ星、PUTIEN

中国ではお皿に盛られる料理のボリュームが少なくそんなに評判が良くないとのことらしい(誰の感想?)ですが、珍しい物がいっぱい出てきました。

ウナギのスープ。スープは美味しいですね。

オイスターを揚げたお皿。

豚の腸を巻いたソーセージ。

コラーゲンたっぷりの豚足。

蒸したエビの皿。

味付けが甘く爽やかなフライの魚など、食べたことのある味から無い味まで様々でした。

シンガポールは不動産と人件費が高いので、それがメニューの値段におのずと添加されます。やはり政府が場所を仕切っているホーカーの方が自然とお財布に優しくリーズナブルで美味しいという風になってしまいますね。
ただ、ビルの不動産も政府が仕切っていると思うので外国用と自国用と使い分けてるかもしれないです。