秋には絶景のライスフィールド、ナーン

タイトルで少し煽りましたが、きっと絶景のライスフィールドでしょう

我々はコテージを見に来ました。ここはライスフィールドですが、シーズンが終わるととうもろこし畑になるようです。今はトウモロコシ畑です。

ライスフィールドは後ろの山並みの背景と相まって、きっと間違いなく壮観でしょう。

ライスフィールドは7-8月からはじまります。
ここではシーズンオフの時期でも観光客が途絶えないようにコーンや花を植えています。

7月から12月までは予約はいっぱい。1月も予約が入りはじめたようです。タイ人は冬は涼みに山に過ごしに来る人が多いです。

ナーンのライスフィールドが有名になりはじめたのは、ここ最近とおばあちゃんが話をしていました。我々も知らなかったです。

この竹の橋を見にバンコク、チェンマイから人が来て地方の広まったようです。
確かに最近良く写真で同じタイプの橋を見かけます。ここがオリジナルなんですね。

元々はタイ人はライスフィールドや花をバックに写真を撮るのが好きなので、蛇や虫など噛まれたり刺されたりするのを避けるにはどうしたら良いだろう?と家族で考え、出したアイデアが竹の橋だったようです。確かに歩くと快適です。