2週連続、週末にサムヨット駅周辺を散策、お寺やカフェ、レストランや屋台巡りには最高の駅かも バンコク タイ

Krua Apsorn
2,200ものレビューがあったので訪問してみました。辛すぎず、甘すぎず丁度良い味です。更にオーダーしたら、次々と食べれそうな感じでした。 店内は広いのですが、そこそこ埋まっていました。ダンおばあさんがはじめた家族経営のお店でロイヤルファミリーにも料理を作っていたようです。

元々は政府関係で働いていたようですが、料理の腕がよく評判になったようです。値段もリーズナブルでした。 近くのお店のカニオムレツが800THBならこちらのレストランの方がコスパは良いでしょう。

Ratchadamnoen Contemporary Art Center
Krua Apsornから歩いて数分のところにあり円形部分がある変わった建物だったので中に入ってみました。無料のアートセンターです。

コーンで使うお面や衣装が飾られています。

お面はかなり精緻な作りで良かったです。入り口にはフォービズムのようなのびのびとした筆致で描かれたセツ風の絵がたくさん飾られていました。

Sané Phuthong
黄色い建物はマッサージ屋に立ち寄って行きそびれたカフェです。16時でクローズするようです。

このエリアは海南系の人たちが多いです。 運河沿いで材木業を営んでいる人たちが住んでいます。昔はこの運河を利用して材木を運んでいたのでしょう。

王室の車列が通った後の道路。警官は通り過ぎた後に敬礼までしていました。

ロハプラサート Wat Ratchanatdaram Worawihan (Loha Prasat)
昔、カリプソのダンサーの人にラチャテウィー駅近くの船着場から船に乗って案内してもらい、ここで仏像を数点購入しました。 散歩してて迷い込んで何故か突然記憶が蘇りました。ここだったのか。。。と。ラチャテウィー駅周辺には仏像を売っているお店はなく、アクセスが良くまとまった量と種類で仏像を売っていたのがこの場所でした。

昔は舗装されてなくて砂利道でした。炎天下の中、わざわざ買いにきて汗だくでした。何で急に思い出したのかというと、どことなく道の曲がり角に昔の面影があって、あれ?ここ来たことがあるなと。完全に消去されていたのは自分の記憶の方でした。

で、その頃はロハプラサートも金ではなく黒でした。塔に登ってワットサケットを見ていた記憶まで鮮明に思い出しました。着ていたシャツの色まで。。

Wat Thepthidaram Worawihan (Wat Ban Phraya Krai Suan Luang)
ロハプラサートの横にあるお寺です。たまに青白く光り輝く仏像を見に立ち寄ります。太陽の光が強かったので夕方に訪問するか曇りの方がいいのかもしれません。

Tao Tao 滔滔 – นมตุ๋นประตูผี
先週に引き続き、今週もミルクプリンのお店を訪問。ホットミルクプリンを注文しました。が、個人的には冷たい方が好みでした。

Wu’s Yong Tau Foo, Ghost Gate
ミルクプリン屋の向かいのイエンタフォの屋台です。味は良かったです。 お昼はクイッティオクアガイのお店を営んでいて、このエリアでは有名です。夜はイエンタフォのみ提供とのことです。

Tai Soon Tung – ไท้ซุ่นตึ๊ง
イエンタフォ屋台の向かいのバーです。ミルクプリンのお店の並びにあります。 マハチャイ通りを対面に行ったり来たり往復しながら食べ飲み歩き。 このお店ではクラフトビールを提供しています。飲みやすくて何杯でもいけそうでした。 すでに10キロ近く歩いてクタクタだったので持ち帰りにして飲みながらサムヨット駅に向かいました。

サムヨット駅はワットスタットをはじめ、華人廟、ディンソー、マハナップ、バムルンムアン通り、ワットサケットやロハプラサート周辺など、お寺やカフェ、レストランや屋台巡りには最高の駅です。
2週連続、週末に訪問してみたのですが、歩いていると次々と面白そうなお店が立ち現れます。このエリアに長期滞在してじっくりと散策したい感じです。