なんとなくサマール島へ ダバオ

起きて何もすることがなかったのでサマール島へ行くことにしました。いつもの思いつきです。
で、実際訪れると、もっと調べれば良かったなあとあとから後悔します。毎回、同じパターンです。現地行くと馴染んですんなり入ってくるのですが、初めての場所はいくら調べても土地勘がないのでイメージが湧かないです。どうやったら計画が立てられるようになるのでしょうか。まあ、そんなことはどうでもいいです。

タクシーでSASAという船着場に行くとパラダイスアイランド直行の船がでています。

ただ、この港に簡単に辿りつけたわけではなく、道を間違えてポリスステーションに入ってしまいました。

そこで見た光景は…檻に入れられた人たちが親族の人と面会している生々しい光景でした。何かの間違いじゃないかと思ったのですが屋外にある牢屋でした。
突然、鋭い目つきの女性警官が近づいて来たので慌てて道を尋ねてみました。非常に人間臭くて面白かったのですが写真を撮る度胸はなかったです。残念です。

そして、なんとか船着場に着き、舟に乗ってパラダイスアイランドへ。

が、セキュリティからドローン禁止の警告を受け、あえなく撃墜。

入場料を払う時に了承を得たのですが結局ダメなところがフィリピンスタイルです。

しょうがないので、リゾートの外の駐車場のバイクのお兄さんと交渉。700ペソで3箇所ドローンに最適の場所に連れて行ってもらうようにお願いしました。4時間で700ペソ。現地相場で高いのか安いのかわかりません。1500円で4時間雇ったと思えば安いんだと思います。

1箇所目は崖から飛び込むシーンをドローンで撮影したいとリクエストを出したら連れて行ってくれました。

残念ながら電波と電池が足りなくてそういうシーンは撮れませんでした。チャンスには恵まれているのですが中々撮影が難しいです。

突然シグナルがなくなりコントロール不能になります。

目視でなんとか着陸させて再度挑戦する感じです。その繰り返し。なので途中で諦めてiPhoneで遊び始めました。

偶然iPhoneで撮影したスローシーンは上手くいきました。

スロー撮影はかなり面白いです。

ダバオの若者は気さくで頼めばどんどん飛び込んでくれます。

おじさんも気前よく飛び込みます。

2箇所目は浅瀬の見える島です。私有地を挟むので距離があり撮影はほぼ無理でした。

ここも電波が途切れ途切れになります。3箇所目は大したことがありませんでした。

ダバオはドローンにはかなり厳しいところでした。空港も近くて高度があげられません。もしかしたら島の裏側の方がいいのかもしれません。時間が足りなかったので再度挑戦です。