タイでバスクチーズケーキ Sheep in the city バンコク

日本に滞在することが少なくなって日本のトレンドが全く追っかけられていません。日本のふわふわ幸せパンケーキも数年遅れでバンコクで食べました。いや、10年遅れかもしれません。

最近バスクチーズケーキなるものもウェブサイトで目につくようになってきました。バスク地方で食されているとされるチーズケーキです。これも2018年から知られるようになってきてるので2年遅れのキャッチアップです。WIKIの説明によるとバスク地方ではバスクチーズケーキの名前では知られていないとあります。日本のマーケティングでこの名称が使われているようです。でも、それが今ではバンコクにも登場しています。FBでよく見かけます。

近所のカフェにLINE MANでオーダーしてみました。Sheep in the cityさんです。Sheepです。Sleepではないです。最初みたときに見間違えました。昼寝か休憩をとるための場所という意味かと勘違いしました。FBに掲載されているビデオが良くできています。おいしそうです。コーヒーは深炒りと書いてありました。確かに飲むと苦いです。

ケーキもベイクドのようでベイクドではない感じです。滑らかななかにざらっとした触感があり、深炒りコーヒーと食べるとちょうどいい感じのバランスです。

初めて食べてみたのですが美味しいです。他のお店のはどんな感じなのでしょうか?
色々チャレンジが必要かもしれません。

ところで、バスクチーズケーキのクッキングビデオをとあるサイトで見たのですが、1分以内に見れるように編集してあり、よくできています。他の料理も同じように作られています。見慣れない分野だったので、そのクオリティーにちょっとびっくりしました。