従来の常識に囚われないお茶を提供 鈴木茶苑

和束茶郷フェスティバルに参加していた農家さんです。
話をするととてもこだわりがあり、面白いので購入してみました。

川根町でお茶の生産を営む農家さんのお茶です。

静岡といえばやぶきた深蒸しが主流なのですが静7132で釜炒り茶を販売していたので試しに購入しました。新しい試みが面白いです。

品種は静7132です。
品評会では選考から落とされるらしいのですが、桜花の香りがするということで「まちこ」という名前でお茶が販売されています。今年訪れた静岡のお茶ミュージアムで試飲してみましたが、確かに桜のような香りがします。


産地:静岡県川根本町
価格:50g 500円
特徴:香りが良い 烏龍茶のような風味
販売:鈴木茶苑
品種:静7132

その桜の香りがする茶葉を摘んで一晩寝かせて釜炒りしたお茶です。
香りが良いのはもちろん、烏龍茶のような味が楽しめます。
ウェブで紹介されているように確かに舌にスパイシーな感じが残ります。化学肥料は地域基準の半分以下、農薬散布も年三回以下とお茶作りにもこだわっています。