奄美大島の和製ゴーギャン、田中一村

奄美大島では知らない人はいないと言われている画家、田中一村です。
見に行ってまいりました。正直言うと最初は全く興味がありませんでした。

この記念館の建物のデザインはすごいですね。奄美の昔の貯蔵庫をそのままコンクリートにしたデザインです。田中一村の作品を知らない方はこのリンクから。

生きているときは全く評価されなかったのですが死後に評価された画家です。
力作はこの美術館以外の所にあるのでしょうか?全部揃ったのを見たくなりました。

わざわざ千葉から奄美大島に住んで、大島紬の職人をしながらお金を稼いで絵を描いていました。
初期の作品が飾られているのですが、特にこの美術館に展示されていた襖絵が欲しくなりました。
大島紬資料館のスタッフさんは、一村の作品はお宝鑑定団にも出て購入額の倍の価値があると評価されたと話しをしていました。

パイナップルみたいな実はアダンです。これは残念ながら食用向きではないです。
田中一村のモチーフに描かれています。今にも倒れそうな小屋とカラフルな南国のモチーフの絵のギャップが激しいです。あの小屋の中でこれらの数々の傑作が制作されていたとは。。。