タイの定番タンブンセット

白いカエルが珍しいので食べるのかと思ってお店の人に聞いてみると、タンブン用という返事が返ってきました。

タイではタンブンは徳を積むという意味です。
輪廻転生を信じていて徳を積むと来世では幸せでいられると考えられています。

そしてタイ人はこのタンブンが大好きです。
事あるごとにタンブンです。おばあさんが服を売っていてデザインがダメでも可愛そうだからと購入したりします。お寺でもバンバンお金を使います。

で、これらは何に使われるのかというと外に放すと徳を積むことになるみたいです。
お寺では小鳥をカゴに入れて売っています。道端では魚やドジョウが売っていたりと様々です。鳥や魚を放すと徳を積んだことになり生まれ変わった来世では幸せに生きられると。

反対に捕まえてきて売って儲けている人はどうなんだろう? 徳を減らしているのか?と考えると思うのですが、徳を積もうとしている人に売っているので逆に善行?まさかわざわざ飼育しているのだろうか?
みたいにループしはじめます。

そして人によっては生き物を傷つけたりするのを極端に嫌がります。来世では苦しむと考えられているからです。

昔は、魚の口や体に針がかかると痛いし残酷だという理由で釣りに行くとかなり抵抗にあいました。そんなこと魚にしたらジェブでしょ?という感じで。ちなみに タイ語のジェブ=痛いです。
人によっては家族ぐるみで釣りを止めさせられるところもあるようです。
幸い最近ではあきらめて何も言わなくてなりました。