ヒンドゥーの奇祭 タイプーサム本祭3(Thaipusam) シンガポール

Sri Thendayuthapani Templeに移動してみました。昼に行くと寺院手前は渋滞でかなり待ちます。

20分ほど待ってみたのですが列がなかなか動かないのでないあきらめて夕方行くことにしました。

夕方訪れてみるとすんなり入れます。

それでもかなりの人です。相変わらず、みなさんマスクなしです。

寺院の中でも踊ります。踊りが終わりミルクの入った入れ物を渡し、それを別のコンテナ容器に移していました。

それが終わるとカバディの取り外しです。

外の会場で見れます。写真も撮れます。

針を抜くと血が滴るのかと思ったのですがそうでもありませんでした。ピアスの穴のような感じです。殆ど血が出ていませんでした。

夕方になると電飾搭載のカバディが出現しはじめます。
19時くらいまで見ていましたが昼より苦行者の数が増えている感じでした。

信じるものがない自分には到底できないのですが、やはり信じるものがある人は強いですね。

初めて目にした時は痛々しい感じなのですが、苦行者の数が多く、だんだん目が慣れてきて何とも思わなくなりました。タイのベジタリアンフェスティバルと同じ感じです。