チャオプラヤ川沿いが、まるで迷路のようで完全にロストインバンコク トンブリー王朝の面影を探して タイ

前日訪問したWoodBrook Bangkokカフェから対岸を見ていて気になったエリアです。次の日に早速訪問です。
The Jam factory からDeep Root Cafeまで歩いてみました。訪問したお寺は全て空振り。行きたかった華人寺もクローズ。 マップを見て歩くも行き止まり。。チャオプラヤ川沿いは、まるで迷路のようでした。

The Jam Factory
ICONSIAMでお昼を食べた後にThe Jam Factoryに寄ってみました。古い倉庫をリノベーションして作られたカフェ兼ギャラリー兼本屋です。中は天井が高く広いです。

このカフェから少し川の方へ歩くとThe Never Ending Summerというレストランもあります。さらにその先は船着場があります。

相方はこのカフェでくつろいで自分は散策開始です。

PONG PACHAMIT FORT (ป้อมป้องปัจจามิตร)
The Jam Factoryから5分ほど歩くと砦があります。ラマ4世の時代にチャオプラヤ川からの侵略者を防ぐための砦として作られたと書かれていました。警察署の真前にあって駐車場になっていました。

ワット トーン タンマチャート ウォラウィハーン
細い路地を歩いていたら突然現れたお寺です。リノベーションしている最中でした。窓が開いていて中を見ると壁がアユタヤ時代のお寺でよく使われているものでした。

地面は全て朱色で塗られています。しかもかなり綺麗です。お寺の外にある祠も朱色でした。



Che Chin Khor Temple and Pagoda
中国風の塔が目立って気になっていたので訪問して見ました。が、閉まっていました。比較的新しいお寺のようです。塔にも登れるみたいに書いてあったので再訪です。

Deep Root Cafe
華人寺から10分程歩くと、ローカル色濃い通りを経てチャオプラヤ川沿いに出ます。Deep Root Cafeは船着場から3分のところにあります。華人廟の真裏にあります。

Sa Nai Keng Shrine
Deep Root Cafeの少し手前にあります。

小さい華人廟ながらも中は綺麗でした。この華人廟の周りも中国語の看板や提灯がたくさんあります。

タラートプルー駅
タラートプルー(Talat Phlu)駅の周辺にローカルマーケットがあるということで訪問。ICONSIAMからタクシーで10分位です。バンコクヤイ運河沿いのThoet Thaiロードにあるいくつかのお寺はタクシン王の像が祀られています。タクシーの窓からも像が見えたので訪問して見ようと考えています。

タクシーが停まって降りて景色を見ると以前来たところのようです。完全に忘れていたのですがワットパクナムに行った帰りに道に迷って来たところでした。

地図を見るとワットパクナムもバンコクヤイ運河沿いにあります。アーチストハウスから舟に乗った時に目の前の小さな運河から広いチャオプラヤ川に出てビックリしたのを思い出しました。部分的に観光地を周っていて漠然としていた記憶が全てつながった気がしました。

Tong Leng Noodle
市場の中にもお店があって、ここは支店のようです。市場で食べるのに抵抗がある人には良いかもしれません。

麺が変わっています。細く平たい感じの麺です。トムヤム味でない方が個人的には好きです。普通の味でした。

ขนมหวานตลาดพลู ไม่มีสาขา
創業70年のタイ菓子のお店です。地元の人には大人気のようで、ひっきりなしにお客が入って来ます。

安くて美味しいとのことで購入してみました。

ここも普通の味でした。カボチャのプリンが一番良かったです。黄色の丸いお菓子はカステラをシロップ漬けしたような味と食感です。

タラートプルー駅のプラットフォームの端からお店が並びます。ローカル市場だと思っていたのですが日本人が何組か歩いていてビックリ。 ワットパクナム帰り? もしくは自分が知らないだけでこのエリアに住んでいる日本人が多いのかもしれません。

三色バー(San Ke Bar )
Talat Phlu駅から歩いて10分位だったので訪問。入口の違和感と荒れたお庭を見て抱いていた印象と違うなあと思い入りませんでした。ロックダウン明けで手入れが行き届いていないのかもしれません。ここで体力と集中力が切れたので散策はお開きにしました。