プーケット郷土料理のレストラン Tu Kab Khao Restaurant

冷蔵庫のない時代に棚に料理の入った皿をしまい、それを昼食や夕食の時に取り出して食べていました。店の名前はこの棚の名前から由来します。

プーケットの郷土料理を出すレストランです。

今回もミシュランチョイスの2点のみをオーダーしました。

ต้มส้มภูเก็ตปลาย่าง Tom som phuket pla yang
Sour soup Phuket with grilled fish
ロータスの茎 パイナップル カシューナッツ、ハーブ、魚など入っていて酸っぱ甘いスープでした。強いて言うならフィリピンのシネガンを甘くしたものです。酸っぱ甘いシネガン。シネガンを食べたことのない人は想像つかないと思います。

プーケットのローカル料理です。かなり複雑な味です。黄色いのはパイナップルです。パイナップルの煮込んだものは初めて食べました。

ฟักทองผัดกะปิกุ้งแห้ง Fuk tong pad kab kapi kung haeng
Fried pumpkin with shrimp paste and dry shrimp

干した小海老をふんだんに使ってカボチャと炒めた逸品です。甘いのですが後に引く味です。

建物はシノポルトギースです。

コロニアル調の内装が美しい。

グーグル検索キーワードで上位のようです。