ローカル料理がリーズナブルな価格で食べられる、Warung Yess

Batu Bolongビーチ周辺は白人がたくさん滞在していてバリじゃないようなエリアです。
このお店はそのビーチから車で15分くらいの離れたところにあります。

ビーチに近いとそれなりに土地や不動産が高いので白人もどんどん奥の方まで来て滞在するようになってきたようです。
場所によっては沖縄よりも不動産が高いという話をとある現地の不動産関係の人から聞きました。ただ、沖縄で商売することに関しては現地の人と色々トラブルがありインドネシア人の方が法律を守ってくれてモラルがあるとのことです。まあ、そんなことはどうでも良いですね。

話を元に戻しましょう。このお店もお客さんはほぼ白人でした。英語で注文できます。
レストランやお店によってはインドネシア語禁止で英語しか話してはいけないというポリシーの店もあるようです。

現地に住んでいる方からアドバイスをもらいました。
レストランを選ぶ目安は人がたくさんいるところを選んでください。


人が大勢いるところはまず間違いないでしょう。人がいないところは食材が傷んでいる可能性が高いので夕方に行って食べると酸っぱくなっている可能性大とのことです。

ここのお店はかなり混んでいるので新鮮です。上記のような間違いはないでしょう。

この食堂ではローカル料理が食べれます。まず、入り口で自分で食べたいものを3〜4品目選びます。
種類で価格が変わります。価格はとてもリーズナブルです。
自宅を改装したような食堂で味わい深いです。奥まで行くともっと何か色々面白そうなものがありそうな感じでした。
かなりローカルなので日本語での紹介ページは検索しても出てこないですね。日本人観光客はサーフィンでもしない限り、ここまで来ないでしょう。