異色のお寺 ワットワットニウェートタンマプラワット(Wat Niwet Thammaprawat)アユタヤ タイ

バンパイン宮殿の横に変わったお寺があります。

ラーマ5世が建立した西洋とタイ文化がミックスしたようなスタイルのお寺です。

チャオプラヤ川の中洲にあるのでケーブルを使って渡ります。

外観はキリスト教の教会のような雰囲気です。内装も西洋デザインです。でも置かれているのは仏像です。タイでも異色のお寺でしょう。1800年代後半に建てられたようです。日本では明治がはじまる頃でしょうか。西洋化がはじまりかけた頃に作られたものですね。

しかもステンドグラスまであり不思議な雰囲気です。

とても美しいです。中に置かれているはずのキリスト像が丸々仏像に入れかわった印象です。

お坊さんの住んでる建物も可愛らしい感じです。

おもちゃみたいな建物です。こんな家なら住んでみたいです。