現代アートのようなお寺のポール、ナーン

お寺に入る前に珍しい物が置いてありました。

ค้ำ カムと言います。ポールです。
これは初めてみました。珍しいです。

それぞれの木ががっしりと組まれています。
木の側面には穀物の小袋がビッシリと敷き詰められてくくられています。
その上には傘が置かれています。

お互い支えられている、みんなで支え合えば成功するという意味のようです。

スコタイ様式の大仏塔です。基壇は象でその上に塔が建っています。これも象によって塔が支えられています。

このお寺の仏陀の前にも象牙が飾られています。
お寺の名前が象によって支えられているお寺という名前なので支え合い、象関係の物が多くあります。