山頂からのライスフィールドが美しい ワット・サンカット・ラッタナキリ (Wat Sanggat Rattana Khiri) ウタイタニ タイ

このワットはウタイタニの街を見下ろせる山の上にあります。

ドローンを上げに訪れてみました。ライスフィールドが綺麗です。山の反対は街です。密集して家が立ち並びます。

タイの観光サイトで後から知ったのですが、10月に仏陀の行事が行われていたようです。

僧侶らが遠出を避け寺院内で厳しい修行に励むことが終了することを告げる「出安居」(であんご)の陰暦11月(10月頃)に行う「タックバート・ティーウォー」(モチ米でできたお菓子を托鉢する僧侶らに献上)で有名なウタイターニー県の寺院(別名:ワット・サケークラン)。

引用元 タイ国政府観光庁サイト

午後16時くらいに訪れました。雲がなければもっと明るかったかもしれません。

行事がある時の方がカラフルで綺麗かもしれません。

下から階段を登って来れるようです。我々は車で後ろから登りました。

意外に地味な印象です。

ミャンマーで見た仏陀のような雰囲気です。

山頂から上げたのですが電波が悪く距離が今ひとつ伸びません。街の方からあげてライスフィールドをバックにした方が綺麗だったかもしれません。
さらに地図を見て気がついたのですがWat Tha Sungまで降りてチャオプラヤ川を含めた景色の方も綺麗かもしれません。