刑務所を改修したカフェ クック・アンド・コフ (Wong Chan Cook & Coff)アユタヤ タイ

お店のスタッフは全員現役の受刑者です。社会復帰を支援する目的として作られたようです。

Cook はタイ語で刑務所です。クッキングと刑務所をかけているようです。Coffはコーヒーのショートにした呼び名なのかもしれません。

アユタヤにあります。カフェで飲み物とケーキを注文。

ケーキのレベルが高いです。

普通に美味しいです。

店内は刑務所の雰囲気が満載です。カジュアルな感じです。

受刑者が処刑されている写真がディスプレイされていたりします。生々しいです。

首が落とされてる刑や皮膚と肉を死ぬまでナイフで削ぎ落としたりする刑の写真があったりして飲食をしながら展示を一緒にみるとシュールな感じです。

受刑者が作った商品です。購入できるようです。

カフェの向かいの奥の路地にはレストランもあります。

刑務所の格子窓がおしゃれに見えます。

内装はシンプルです。

この建物では現役の女性の受刑者が働いています。

カオパッド、卵焼き諸々を頼みました。

値段は良心的です。

このレストランは昔の建物のリノベーションなのでキッチンは奥の離れにあります。

1階はレストラン、2階は展示室になっています。昔の拷問器具が展示されています。

拷問器具の展示がとても興味深いです。思わずググってしまいました。

昔のタイの刑には21の刑があり道具を見るとかなり残酷な感じです。

絵は現代的です。

かなり抽象的ですがわかりやすいです。

写真を撮らずにはいられません。

熱そうです。。

この絵を見た後にお庭に目を移すと平和そのものです。

手入れされていて気持ち良いです。

シンプルではあるけれど居心地は良いです。

アユタヤに来たらまた訪問したいです。

建物はステンドグラスまで入っていて刑務所だとは思えない作りでした。